MENU

外来|熊本県玉名市高瀬の眼科|福島眼科医院

外来

Outpatient

Outpatient

外来

当院で多い眼科疾患

白内障

白内障

成人から高齢者に多い病気で、かすみ目(視力低下)、眩しさなどの症状が出ます。目の中のレンズ(水晶体)が加齢とともに濁ることが原因です。近年、手術器械や技術の進歩により、安全な手術が受けられます。

緑内障

成人から発症することが多く、目の成人病と呼ばれています。また、日本人で失明率が最も多い病気です。目の圧力(眼圧)が高くなり、視野(見える範囲)が狭くなり、放っておくと失明に至ります。自覚症状がないため、早期発見が難しい病気です。また、眼圧が高くないのに緑内障と同じ視野変化を起こす正常眼圧緑内障があります。日本人はむしろ正常眼圧緑内障が多いとされています(成人の2〜3%)。緑内障治療の第1段階は点眼薬での治療です。現在、作用機序の違う多くの種類の点眼薬があります。点眼薬だけではコントロール不能の場合、手術による治療を行います。

糖尿病性網膜症

糖尿病の血糖コントロール不良の期間が長くなると起こす病気です。発症してすぐには症状がありませんが、病気が進行するにつれて視力障害が起こってきます。網膜の毛細血管が高血糖のために閉塞していく病気です。日本人では緑内障に次いで2番目に失明率が高い病気です。早期発見、治療が必要となります。治療の第1歩は糖尿病のコントロールですが、網膜症を起こしたら、その進行段階に合わせて、網膜光凝固術(レーザー治療)を行います。

網膜中心静脈閉塞症

成人に起こす病気で高血圧や脂質異常症を持った方に多く発症します。突然、見えにくくなったり、視野の一部が見えにくいなどの症状があります。網膜中心静脈が圧迫され、網膜に出血や浮腫が起こります。網膜の血管撮影を行い、薬物治療、網膜光凝固術、硝子体への抗VEGF薬の注射などの治療を行います。

調節緊張症

いわゆる仮性近視と呼ばれていますが、近視の初期段階です。近くを見る時、目の中のレンズ(水晶体)は厚くなってピント合わせをします。小児期、近くを見る時間が長いと厚くなったレンズが元に戻り難くなります。この状態が続くと目は近視化していきます。早期に治療を開始すれば治りますが、近視化すれば元に戻らなくなります。

小児の近視

小児の近視

最近、近視の始まる年齢が低年齢化しています。テレビゲーム、スマートフォン、パソコン、テレビの大型化などが影響しているようです。また、近視は20歳くらいまでは進行します。特に、小、中、高校生くらいまでは近視で眼鏡を作成しても近視の進行予防は必要です。

斜視・弱視

斜視には外斜視、内斜視、上下斜視などがあります。乳幼児、小児期に保護者が気がつくこともあれば、周囲の方から指摘されて受診されます。専門の医師と視能訓練士が治療を担当します。 弱視は原因により、斜視弱視、屈折性弱視、不同視弱視などがあります。生まれてすぐの赤ちゃんの視力は明暗が分かるくらいで、生後1ヶ月で0.1くらい、6ヶ月で0.5、1歳で0.7、3〜5歳で1.0と人間の視力は生まれてから発育します。この発育段階で斜視や遠視があると視力の発育に影響し、視力の発育不足を起こしたものが弱視です、やはり、専門の医師と視能訓練士による早期の診断と治療が必要です(ヒトの視力の発育はおよそ10歳で終わってしまいます)。

コンタクトレンズ

コンタクトレンズ

近視や遠視の方が装用しますが、コンタクトレンズにはソフトとハードコンタクトレンズがあります。近年は使い捨てソフトコンタクトレンズが主流ですが、ソフトかハードかはまず診察を受けて、医師やスタッフと相談されて決めています。ここ数年、最初は眼科やコンタクトレンズクリニックで作成されますが、その後、インターネットで購入される方が増加し、コンタクトレンズの定期検査を受けられないため、コンタクトレンズ装用者の目のトラブルが増えています。ネットで購入するにしても1年に数回の検査を受けられることをお勧めします。

ドライアイ

ドライアイとは目を潤している涙液量が少なくなり、目が乾燥しやすくなる病気です。パソコン業務、スマートフォン使用者、テレビゲームをよくする方に多く見られますが、中年期以降の女性にも多く見られます。また、エアコンも原因の1つに挙げられます。目がシパシパする、しばらく目を開けていたら閉じたくなる、目が疲れやすい、目がコロコロするなど色々な症状が出ます。目の乾燥予防の点眼薬で治療を行います。

神経眼科疾患

視力障害、視野障害、複視(物がダブって2つに見える)、眼瞼下垂などの症状がありますが、その原因は多種多様です。
視神経炎(症)、脳梗塞、脳動脈瘤、重症筋無力症、糖尿病、外傷、脳炎などありますが、脳動脈瘤のように命を脅かす疾患もあります。神経眼科専門の医師が対応いたします。

外眼部の病気

外眼部の病気

アレルギー性結膜炎、細菌性結膜炎、麦粒腫、霰粒腫、鼻涙管閉塞、眼瞼内反症など様々な病気があります。すべての疾患に対応いたします。

飛蚊症

明るいところで虫が飛んでいるように見える、糸くずみたいなものが見えるなどの症状で受診されます。ほとんどの方は目の中にある硝子体というゲル状の液体(生卵のしろみのようなもの)の加齢変化によるものですが、網膜の一部にほころび(網膜格子状変性症)ができたり、網膜に穴や裂け目(網膜円孔、網膜裂孔)、網膜からの出血で起こる場合があります。早期の診察をお勧めします。

加齢黄斑変性症、黄斑浮腫、黄斑上膜

近年、OCT(光干渉断層撮影)という検査器械の開発により黄斑部の病気の診断が一段と進んでいます。さらに、抗VEGF薬の開発や硝子体手術の進歩により治療もかなり進んできています。

以上は最近の当院外来で特に多い病気を例に挙げて説明していますが、眼科の病気はこれ以上に沢山あります。
何か気になるようであれば、まずは当院で診察をお受けください。